人気ブログランキング |

フレッシュアイ・ニュースより2つ

伝統ある英王室のエリザベス女王(89)は、意外に普通の感覚を持った女性なのだそう。すでに80代の女王は、過去に「ジェームズ・ボンドと写真が撮れるなら…」と意外な仕事まで快諾していたのだ。

今も夫にメロメロなエリザベス女王だが、実は『007』シリーズでジェームズ・ボンドを演じる俳優ダニエル・クレイグ(47)の大ファンだそうだ。2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、“スタジアムまでボンドにエスコートされる女王本人”を熱演。映画監督ダニー・ボイルが事前に撮影した映像で開幕を盛り上げたが、そもそも監督は女王がこの話に乗るとは思ってもいなかったという。

このほどボイル監督は当時を振り返り、『The Daily Beast』にこのように語った。

「撮影中に、“どうして女王はこの仕事を引き受けたんだろう?”って考えていたんだ。アイデアを(王室サイドに)送った時点で、別の案も考えてあった。女王が引き受けないと思ったからさ。なのに引き受けてくれたんだ!」

ちなみに女王が快諾した理由につき、監督は「実はね、女王はダニエルと写真が撮りたかったんだよ!」と暴露。また気遣いのできる女王は、自分だけでなくスタッフ全員がダニエルと写真を撮れるよう取り計らったという。

チョコレートケーキが大好物で、ドラマやオーディション番組も好きというエリザベス女王。さらにはダニエルの大ファンで写真撮影を熱望するなど、女王のちょっとミーハーな普通の女性の部分が垣間見えるエピソードである。

2[映画.com ニュース] シリーズ第24弾にあたる最新作「007 スペクター」の本ポスタービジュアルが完成し、ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドが白いタキシードに身を包み、ワルサーPPKを携えた姿がお披露目された。背景には、アバンタイトルに登場するメキシコの伝統的な祭り「死者の日」のモチーフであるガイコツが浮かび上がり、シンプルながら意味深長なデザインとなっている。

ショーン・コネリーやロジャー・ムーアも着こなした白タキシードに、死と生まれ変わりを象徴するガイコツ。前作「007 スカイフォール」に続きサム・メンデス監督がメガホンをとる本作は、ボンドが少年時代の秘密と対じする内容になるといわれているが、過去作品へのオマージュを感じさせるポスタービジュアルは、死闘を繰り広げながら悪の組織の核心に迫るスパイが背負った運命を印象づけているかのようだ。

また、“ジェームズ・ボンドの日”である10月5日から全国共通前売り鑑賞券が全国の劇場で発売されることが決定した。「007」シリーズの製作会社イオン・プロダクション公認の日本限定プレミアムポスター(数量限定)が特典として付属する。ジェームズ・ボンドの日は、1962年10月5日にシリーズ1作目「007 ドクター・ノオ」(公開時の邦題は「007は殺しの番号」)が英ロンドンで初公開されたことにちなんでいる。

映画の公開に先駆け、今年のグラミー賞で最多4部門を受賞した新星サム・スミスが歌う主題歌「ライティングス・オン・ザ・ウォール」のデジタル配信が9月25日にiTunesでスタート。米英を含む世界12カ国でランキング1位、世界41カ国でトップ10入りを果たしており、早くも盛り上がりを見せている。さらに、10月26日(現地時間)にロンドンで開催されるロイヤルプレミアには、ウィリアム王子とキャサリン妃が出席することも発表された。

少年時代を過ごした邸宅で見つけた写真に隠された謎を解き明かすため、MI6を率いるMの制止を振り切り単独でメキシコ、イタリアへと赴くジェームズ・ボンド。ローマで美しい未亡人ルチア・スキアと出会ったことから、悪の組織スペクターの存在を突き止め、ひそかにQやマニーペニーの協力を得ながら、スペクター解明の鍵を握る宿敵の娘マデレーン・スワンを追う。レイフ・ファインズ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスらが前作から続投するほか、ボンドガールとしてモニカ・ベルッチ&レア・セドゥー、クリストフ・ワルツが共演する。12月4日から全国で公開。

by matrer | 2015-10-02 07:33 | 雑談