人気ブログランキング |

『ボンド23』は製作発表にこぎ着ける迄随分長かった。噂が飛び交いどの記事が本当か真相は11月3日のお楽しみ051.gif題名が気になる。パインウッド撮影所↓
c0186440_15474921.jpg

by matrer | 2011-10-28 17:30 | ダニエル・クレイグ

c0186440_20141041.jpg

.ひげのはえたダニエル・クレイグ↑
.新作のジェームズ・ボンドはヒゲ面? ダニエル・クレイグが撮影のためにヒゲを伸ばす

2012年に公開予定の新作007の映画『スカイフォール(原題) / Skyfall』では、ジェームズ・ボンドがヒゲを生やしているらしく、ダニエル・クレイグがヒゲを伸ばし始めたという。
同映画はMGMの財政難で撮影が延期になっていたが、予算をカットし始動。「大幅に予算をカットしました。豪華なセットやロケなどはすべてなくし、海外ロケに行くキャストとスタッフの数も最小限に抑えています。今度の映画では格闘シーンを減らし、過去のように物を爆破します。ロンドンのヴォクスホール・ブリッジも爆破しますよ」と関係者はザ・サン紙にコメントしている。
ダニエルはここ半年間、ボンド役のために体を鍛え続けているとのこと。「週5日のトレーニングを続けています。セントラルパーク周辺を走り、腹筋を鍛え、水泳とテニスを毎週末やっています。これまででベストな体型ですよ」と関係者はデイリー・スター紙に語る頑張ってるダンちゃんを想像しただけで目頭が熱くなってきた! 
ジェームズ・ボンドがヒゲを生やしたのは初めてではなく、2002年の映画『007/ダイ・アナザー・デイ』で北朝鮮の兵士に捕らえられたピアース・ブロスナン演じるボンドが、長期にわたって拘束されていたためヒゲ面になったことがある。ただ、今回のヒゲは、ボンドの意思で伸ばしているという設定になっているようだ。(BANG Media International)







 
by matrer | 2011-10-26 10:48 | ダニエル・クレイグ

c0186440_7454432.jpg
c0186440_7464035.jpg
c0186440_7472534.jpg
↑ダンちゃんメガネと頭髪で雰囲気がガラッと変わって魅せてくれる。これはドイツの映画雑誌特集みたい。
『タンタン~』ロンドンプレミアのダンちゃん!↓
c0186440_10384639.jpg
c0186440_17131398.jpg


『ドラゴン~』新ポスター↓
c0186440_124427.jpg
↑ミカエル、リスベットと押し花。049.gif
by matrer | 2011-10-26 07:47 | ダニエル・クレイグ

IMAXのデジタルサウンドの大画面で観て、3年も待たされた分、ダンちゃの天性の魔性のエロス(年の功なればこそわかるのだ。)に浸って堪能して参りました。出口でアンケート調査していたのに年取りすぎて対象外とは、トホホ・・・気をとりなおしてダンちゃんの笑顔の写真↓
c0186440_20172738.png

『カウボーイ&エイリアン』の評価について・・・

上映中の作品 今週公開作品 近日公開作品 作品レビュー 最新映画ニュース 稲田隆紀の映画紹介面白味はひとつではない――
『カウボーイ&エイリアン』はウエスタンの面白さと、侵略テーマのSFの緊迫感を堪能できる、アイデア抜群のエンターテインメント! [編集] アメリカ映画でも日本映画でも、もはや人気コミックの映画化は珍しいことではない。認知度が高い上に、なにより映像的だし、秀でたアイデアのものも少なくない。ただ、あまりも似たようなヒーローばかりが輩出すると、新鮮味がなくなってくるのも事実である。
 製作サイドはタイミングをはかることが肝要になるのだが、大ヒットを狙うとどうしても時期が集中するきらいがある。その点、この作品はあまりコミック臭がないのが幸いしている。注目されるのはキャスティングで、なにしろ6代目ジェームズ・ボンドに選ばれたダニエル・クレイグと、インディ・ジョーンズでおなじみのハリソン・フォードが競演するのだから豪華絢爛だ。しかも製作総指揮がスティーヴン・スピルバーグで、製作が『ダ・ヴィンチ・コード』の監督ロン・ハワード。監督には『アイアンマン』でキレのいい演出をみせたジョン・ファブローとくるから、まさにハリウッドのトップクラスの映画人が結集している。スコット・ミッチェル・ローゼンバーグのグラフィック・ノベルを原作に、単なるスーパーヒーローものではなく、ひねりのあるストーリーが繰り広げられていく。


『カウボーイ&エイリアン』
10月22日(土)より、丸の内ピカデリーほか全国超拡大ロードショー
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
© Universal Studios and DreamWorks II Distribution Co. LLC

 時代は1873年のアリゾナ。ひとりの男が荒野で目を覚ました。彼は自分が何者なのかも分からない。ただ、腕に奇妙な腕輪をはめていることだけ、この時代には異様に映る。記憶は失われていたが、この男が強いことだけはやってきた荒くれ者をたちどころに倒したことからも証明された。
 彼は牧場主ダラーハイドに支配された町にたどりつき、傍若無人のふるまいをする牧場主の息子をたしなめる。酒場に入ると、謎の女が近づいてくる。女は何かを知っているらしいが、聞きただす暇はなかった。男はお尋ね者ジェイク・ロネガンだとして保安官に逮捕される。
 ロネガンは牧場主の息子と護送されることになるが、そこにダラーハイドが部下を連れてやってくる。まさに町は一触即発の状態となるが、その緊張関係は長く続かなかった。夜空に奇妙な光を発した飛行物体が襲来。建物を破壊するばかりか、逃げ惑う人々を拉致しはじめた……。
 そのときロネガンの腕輪が光を発して、強力な武器に変身。飛行物体を撃墜する。残されたダラーハイドと町の人々はロネガンとともに、連れ去られた人々の救出に向かう。そのメンバーのなかには謎の女も含まれていた。やがて敵のアジトに近づくにつれて、ロネガンの忌まわしい記憶が少しずつ甦ってくる。ロネガンたちは人間ではない敵を撃退することができるのだろうか――。

 冒頭から記憶喪失に陥ったガンマンが悪党を倒し、顔役が牛耳る町にやってくるあたりまではまさにウエスタンの定番。ガンマンの銃の扱いなど思わずニヤリとさせる趣向で押しつつ、飛行物体の飛来からは侵略SFの迫力で貫く。いわゆるハリウッドの伝統を継いだ西部劇の世界と、先端の特撮技術を駆使したSF世界の華麗なる融合。この部分にスピルバーグもハワードも魅せられたに違いない。
 ロネガンの記憶回復とともに女の正体も分かり、異星人の目的も明らかになる展開から、敵に比べて圧倒的に劣っている武器を手に、町の住人はインディアンや山賊たちと手を結び立ち向かうクライマックスまで、ファブローはきびきびとした語り口で疾走してみせる。
 映画化実現までに時間がかかり、脚本も多くの手が入ったが最終的に2009年映画版『スター・トレック』を手がけたロベルト・オーチーとアレックス・カーツマン、テレビシリーズ「LOST」のデイモン・リンデロフ、さらに『アイアンマン』のマーク・ファーガスとホーク・オストビーが加わって、脚本にはウエスタン、SFの見せ場がぎゅうぎゅうに詰め込まれた。主人公の記憶喪失と謎の女の正体という、ミステリー的な要素で引っ張りながら、インディアンならぬ異星人に連れ去られた人間の救出という『捜索者』的な展開まで、映画好きであればあるほど嬉しくなる仕上がりである。
 ファブローは『アイアンマン』2作で、ヒットに導くコツを覚えたか。アクションやスタントはケレンたっぷり、スケール大きく描き出す。しかもクレイグやフォードの持ち味を十全に引き出しているのだから、起用された理由も分かる。

 キャスティングでは記憶喪失のガンマンに扮したクレイグは適役である。寡黙で凄味があって、かすかに優しさもにじませるキャラクターは、ボンドよりもはまってみえる。こういうクセのある設定があの精悍な容姿によく似合う。 フォードの方は親バカな顔役ダラーハイドを気持ちよさそうに演じている。貫録十分なのはいうまでもないが、年齢的にもこうした役がしっくりくる。クレイグに胸を貸して、自分は脇に回る余裕。肩の力が抜けた感じが好もしい。 このふたりに続いて、謎の女に『トロン:レガシー』のオリヴィア・ワイルド。ダラーハイドの息子には『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の熱演が忘れられないポール・ダノ、町の住人には『コンフェッション』のサム・ロックウェル、『ショーシャンクの空に』のクランシー・ブラウンなどなど個性派が選りすぐられている。

 練ったキャスティングに予断を許さないストーリー、SFとしても、ウエスタンとしても満足できる快作である。
こんな嬉しい評価をしてくれてる人もいるんだ。USのロッテン・トマトの評価も『パイレーツ~』より断然良かったよ!
by matrer | 2011-10-23 20:18 | ダニエル・クレイグ

斬新なデザインのボート「Voyage(ヴォヤージュ)」と名付けられた全長約17メートルのボートは、いくつものスポーツボートを手掛けてきた有名な造船技師、Luiz de Basto氏の手によるもの。『ボンド23』で是非ダニボンの乗った姿みたいもの。!↓
c0186440_14231413.jpg

by matrer | 2011-10-19 14:24 | ダニエル・クレイグ

THESUNの記事、”ロンドン中心部のスミスフィールドMarketのトレーダーはおもしろい日を受けそうでそれがカーチェイスが撃たれるように設定されるところであるところにいます。”(Webサイド翻訳)何のこっちゃ~
つまり11月7日に、この場所でボンドが車のレンジローバーからジャガーに乗り移るシーンの撮影を行うとの事です。そのロンドンスミスフィールドマーケットです。↓

c0186440_1719487.jpg
撮影はトルコ、南アフリカ、スコットランドとの事、でもボンドガールに中国の女優タン・ウェイが出演するとか言っているので、中国でも?以前に言ってた中国の万里の長城を舞台にしたバイクチェイスシーンもあるとの噂。タン・ウェイさん↓
c0186440_1743924.jpg

by matrer | 2011-10-15 17:19 | ダニエル・クレイグ

夫婦仲良く・・・・・

10月13日(木)ニューヨーク市でお手てをつないで威勢よく歩くお二たりさん↓
c0186440_19151515.jpg

by matrer | 2011-10-14 19:15 | ダニエル・クレイグ

昨日2年半以上待たされ、首を長くして待ってたダンちゃんの新作観てきた。
感想は・・・
原作はコミックらしいので、真面目に撮らないで、コミック路線で行ったほうが良かったのでは?
題名はカウボーイだが、ガンマンだね。 エイリアンの姿は新鮮さには欠けていたがエイリアンの動きが機敏で強い事!!、私的にはよく出来てたのでは思う。もう少しどちらかに重点を、置いて描いていれば、中途半端な感じにはならなかったのかと。全体にあっさりしすぎ。
ダンちゃんのアクションは、相変わらず切れがありカッコ良かったが、も少しガンさばきを観てみたかった。(未消化)細身の後ろ姿、肩のラインとオチリが絵になる位、ス・テ・キでカッコイイ! クールなガンマンが意外に似合ってた。彼は裸になってもならなくても天性のお色気を持ち合わせているが、この映画でもいかんなく発揮されてたのには満足!
水に落下した時、落ちた帽子を思わず拾ってかぶったのには笑った。
ハリソンさんは馬上姿はさすがです。
オリビアさんは最後のシーンで男並みの大活躍でしたがヌードになっても色気はなし。
22日公開されたら惚れた弱みで又観に行きます。
追伸 音楽担当のハリー・クレッグメン=ウイリアムズ、 USの公式サイトで流れてた音楽にグゥときたので"コレは買い”と思ったが良いのは最初の部分だけで後は平凡・・・このCD、日本では最初10月5日発売と出てたのにいつの間にか日本での発売は中止に変わってた。!
映画では,音楽の効果は絶大で作品の評価を一層盛り上げてくれる。! 一例として『ボンド』『ターミネーター』TVで有名になった「スパイ大作戦」の音楽は今ではちゃっかりトムの「ミッションオブポッシブル」の主題歌になり盛り立てている。「パイレーツ・オブ・カビリアン』の音楽も捨てがたい。
by matrer | 2011-10-11 13:54

2012年2月終り頃スコットランドのダンバートン城でロケするとの事。ボンドの先祖の城だとか。
今日こんなボンドに関するニュースが流れているが・・・
”2012年全米公開される『ボンド23』のタイトルが、『Skyfall』に決定したとdigitalspy.comが報じている。
ソニー・ピクチャーズからの正式発表ではないが、先日、サム・メンデス監督とプロデューサーの数回にわたるオーディションの結果、ボンドガールにはフランス女優のベレニス・マーロウが決定したと言われており、来年の公開に向けて事態は一気に進展したようだ。脚本家のピーター・モーガンによれば、最近になって何ヶ所にもわたって脚本が書き換えられたそうだが、コンセプトそのものは変わっていないという。
主役のボンドを演じるダニエル・クレイグの契約は3年で、今後の予定は未定だが、MGMの破綻問題で製作そのものが危ぶまれていた同作が、悪役にレイフ・ファインズとハビエル・バルデムという豪華キャストを迎え、いよいよインドで始動する!【NY在住/JUNKO】”
インドロケはなくなったのに、どうゆうことだ!
11月の記者会見を待ちましょう!!
by matrer | 2011-10-09 12:20 | ダニエル・クレイグ

ダンちゃんの映画2年半以上も待たされて伸び切った首がやっとこの10日でしっかり繋がる事が出来そう。思いがけず一足先に観る事が出来ラッキー。”スクリーン”様に感謝058.gif
c0186440_147108.jpg

ツイッターで見つけたのですが・・ダンちゃん、昨日からイギリスのアクアスタジオで『ボンド23』のリハーサル始めてるらしい。
by matrer | 2011-10-07 14:07 | ダニエル・クレイグ